おすすめの本

歴史時代別におすすめしたい本を紹介 奈良時代~室町時代編

ルーくん
ルーくん
子供に読ませたいおすすめの本を教えて
まーくん
まーくん
では時代別に紹介するね。

今回は子供向けの本をおすすめしますが、普通に紹介しても面白くないので、舞台となった歴史の時代別におすすめの本をチョイスしてみたいと思います。

奈良時代

まんがで読む万葉集

吉野 朋美, 渡 まかな他 著

新元号「令和」の出典「万葉集」をまんが知ることができます。

「歌集の成り立ち」や、「歌の意味」、「歌が詠まれた背景」、「歌に使われている技法」、「作者」などをわかりやすく解説しており、古典への興味のきっかけとなると思います。

平安時代

清少納言と紫式部

奥山 景布子、 森川 泉 著

平安時代の2人の女流作家が自らの人生を語るというストーリー。今までにない感覚で読み進めていくことができます。

鎌倉時代

平家物語 夢を追う者

時海 結以 著

古典の傑作『平家物語』が読みやすい文章で一冊にまとめられています。平家と源氏の時代がよくわかる内容です。

室町繚乱   義満と世阿弥と吉野の姫君

阿部 暁子 著

南朝の姫君・透子の物語。北朝に寝返った武士・楠木正儀を取り返すため京の都に向かなかで、足利義満や、能楽師の観阿弥・世阿弥親子との出会いを経て、彼女が様々な世界を知るという物語です。